>>【受験の悩みを解決】 無料相談会 受付中!<<

帝京大学

帝京大学の入試(総合型選抜(AO入試)・推薦入試・一般入試)全体像をまとめました

帝京大学の正門
CC:まつぼっくり
目次(ページ内リンク)

帝京大学の総合型選抜(AO入試)について

帝京大学の総合型選抜(AO入試)の特徴は、幅広い学部で実施している点です。実施学部は以下の通りとなります。
薬学部、経済学部、法学部、文学部、教育学部、外国語学部、理工学部、医療技術学部、福岡医療技術学部
併願が可能かつ、評定平均の基準もないことから、全ての受験生に門戸がひらかれています。特に医療系の学部で総合型選抜(AO入試)を実施していることから、一般入試での合格が厳しい受験生は総合型選抜(AO入試)を検討すると良いでしょう。

帝京大学の総合型選抜(AO入試)の特徴

評定平均の制限はある?

帝京大学の総合型選抜では、出願時に評定平均の制限を設けていません。

併願は可能?

帝京大学の総合型選抜では、他大学との併願が可能です。

二次試験の特徴は?

二次試験では、総合型選抜で一般的な面接試験等の他に基礎能力適性検査が課されます。
出願する学部・学科によって受験すべき科目が異なりますが、ある程度の学力が必要とされます。

出願資格

帝京大学の総合型選抜(AO入試)は、入学年度時点で既卒、卒業見込みの全ての受験生が出願可能です。

入試時期

薬学部

出願期間:令和3年 9/16~10/1
選考試験日:令和3年 10/9, 10
合格発表日:令和3年 11/1

医療技術学部、福岡医療技術学部、経済学部、法学部、文学部、教育学部、外国語学部、理工学部

入試日程 1期

出願期間:令和3年 9/16~10/1
選考試験日:令和3年 10/9, 10
合格発表日:令和3年 11/1

入試日程 2期

出願期間:令和3年 11/24~12/6
選考試験日:令和3年 12/11, 12
合格発表日:令和3年 12/16

帝京大学の総合型選抜(AO入試)はこんな人にオススメです!

評定平均値に自信がない人

帝京大学は、出願条件に評定平均値を設定していません。
学校の成績が低くても、合格できる可能性があります。

一般受験との併願を考えている人

帝京大学の総合型選抜は、面接の他に基礎能力適性検査が課されます。
出願する学部に沿った学力が問われるため、一般受験を検討している方はその知識で対応が可能な場合が多いです。
チャンスを増やすためにも、帝京大学の総合型選抜にあわせて挑戦してみることをおすすめします。

理系、医学系への進学を希望している人

帝京大学では、理系学科の募集枠も多く設定されています。
理工学部の他、薬学部、医療技術学部といった医学系の学部にも総合型選抜が設定されています。
特に医学系の学部において、総合型選抜が設置されている大学はまだ多くありません。医学系学部に進学を希望している方は、帝京大学の総合型選抜受験への挑戦を検討されるのもおすすめです。

帝京大学対策記事一覧

帝京大学の総合型選抜(AO入試)受験ならルークス志塾

ルークス志塾では帝京大学合格のための志望理由の作成指導や二次試験対策指導などを実施しています。多様な知識経験を持った講師が、徹底的に志望校合格のためのサポートをさせていただきます。

志望理由書の作成や面接の対策は一般的な試験対策とは異っているため、学校の先生に相談してみても有益な回答が得られないことも多いです。
また、受験生お一人での対策も難しい場合があります。

是非、合格をより確実なものにするためにルークス志塾にご相談ください。
はじめてルークス志塾に来られる方へ向けて、無料相談会を実施しています!


ルークス志塾は、帝京大学の総合型選抜(AO入試)を実施しています。
いつからでも入塾できるルークス志塾で、合格を掴み取ろう!
まずは一度、無料相談会へ

無料相談はこちら

帝京大学のおすすめ記事